ビデオでのプレゼンテーション – SAPの2025年の期限現実か否か?

2019年9月19日 | Kurt Moydell | グローバル販売マーケティング担当上級副社長

2018年、SAPはSAP HANAのSAP Business Suite 7とSAP Business Suite顧客向けのメインストリームメンテナンスの終了日を2026年12月31日まで延長しました。この発表以来、2025年の期限は、Spinnaker Supportのお客様や当社のサービスに興味をお持ちのSAPユーザーの会話の中心となっています。お客様が知りたい点:「2025年の期限は現実か否か?」

誤解を解くために、グローバルSAPオペレーション担当のリーダーであるShawn du Plessisを問題に取り組むように指名しました。Shawnは、コンサルティング、大規模プロジェクトの管理、グローバルサポートチームの指揮の経験など、SAPに25年以上の経験を持っています。SAPをご利用の多くのお客様がより良く理解できるように助け、SAPの戦略やテクノロジーの方向を最適化することを助けてきました。

Shawnは、これらの視点を、新たなビデオ「SAPの2025年の期限:現実か否か?」でまとめ、記録しています。Shawnは次の問題について話しています。

  1. SAPによる長年にわたる終了期限の設定および変更
  2. S/4HANAの採用とそれが暗示することに関する最新データ
  3. クラウドへの道のりでSAPをご利用のお客様が利用できる4つの戦略的アプローチ

 

事実を得るために24分間のビデオをご覧ください。その後、SAPのチームまで詳細をお問い合わせください。Shawnは、「2025年の期限について心配する必要はない」と説明します。「私たちがお手伝いします。」

下のフォームに入力して、Shawnから詳細を得る予約を行ってください。

2019-09-19T09:48:02+00:00

ご連絡ください

当社のクライアントの98%以上がサービスに満足し、受賞歴のある当社のサポートを一貫して高く評価しています。お客様にSpinnaker Supportが適しているかどうか、まず私たちにお問い合わせください。

お問い合わせ
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software