SAP ASEおよびSybaseを望む限り続ける方法

2019年11月26日 | Larry Goldman | 製品マーケティング担当上級ディレクター

過去のブログ投稿『What Is the Future of SAP ASE / Sybase?(SAP ASE/Sybaseの将来は?)』では、いくつかの世論指標に基づいて、SAPがSAP ASEとSybaseのプロモーションとサポートを徐々に減らしていく可能性があるというアイデアを探りました。最初の指標は、2025年後半におけるASEのためのメインストリームメンテナンスの終了(EoMM)宣言でした(SAP Note1922006)。

幸いなことに、当社の視点からすると、先5年間または10年間のSAPの製品ロードマップに関係なく、SAP ASEやSybaseを所有するお客様には、望む限りSybase(またはASE、IQ、SQL Anywhere)を継続するというオプションが常にあります。そのオプションとはSybaseのサードパーティサポートです。

明らかに顧客に親しまれているSAP ASEとSybase

2014年にバージョン16.0がリリースされた際に、SAPは顧客満足度97%という素晴らしい報告をしました。5年経った今でも、製品に対する献身の強固な証拠が見られます。

SAP ASEやSybaseの顧客が何を考えており、Sybase製品への忠誠心が引き続き安定しているかを理解するために、当社は最近サードパーティによる調査を後援しました。

  • 回答した組織のうち53%が同システムを維持すると決定
  • グループの3分の1は、できる限り長く既存のSybaseインストールを維持
  • 残り3分の2は、最新バージョンの16.0へのアップグレードを選択

調査レポート全文をダウンロードして、SAP ASEやSybaseの顧客がどのように戦略的ロードマップを計画しているかご覧ください。

SAP ASEやSybaseシステムの維持方法

Sybase EoMMと上昇を続けるSAP提供サポートのコストによって、ITリーダーたちは防衛的になり、安定した信頼性の高いSybaseソリューションの将来に関して時期尚早な決断を迫られています。Sybaseの寿命を延長することで、移行の検討または計画のための時間稼ぎを望んでいる組織は、代替のサードパーティサポートやマネージドサービスに注目しています。

SAP ASEやSybaseのサードパーティサポートは、標準のSAP提供サポートの代わりとなるより低価格でより包括的なサポートです。当社の標準サポートには以下のサービスが含まれます。

SAP ASEやSybaseを気に入っており、継続して使用したい方。私たちがお手伝いします。

SAP ASE/Sybaseのサードパーティサポートやマネージドサービスの詳細やメリットを調査するには、今が理想的な時期です。

サードパーティサポートでのコスト削減によって、データベース移行の全体的なコストを抑えることができ、未定の場合は、必要な限りSybaseの投資期間を延長することができます。今すぐお問い合わせください。

2019-11-26T15:55:30+00:00

ご連絡ください

当社のクライアントの98%以上がサービスに満足し、受賞歴のある当社のサポートを一貫して高く評価しています。お客様にSpinnaker Supportが適しているかどうか、まず私たちにお問い合わせください。

お問い合わせ
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software