電子書籍:『10 Organizations Using Third-Party Oracle Database Support(サードパーティOracle Databaseサポートを使用している10の組織)』

2019年9月12日 | Larry Goldman | 製品マーケティング担当上級ディレクター

「サードパーティサポートとは一体何ですか?」とよくお問い合わせいただきます。シンプルな定義は、元のソフトウェア発行者に代わり、別の企業が発行者が提供するサポートを代行することです。これは真実ながらも不十分な回答です。なぜなら、質問者が本当に知りたいのは、何を、なぜ、どのように、いくらでに関する具体的な答えだからです。

Oracle Databaseのサードパーティサポートを具体的に説明するためにこれらの質問に回答し、さらに、当社が他の組織をどのようにサポートしているかを証明する10の顧客プロフィールをご紹介する電子書籍を出版しました。『10 Organizations Using Third-Party Oracle Database Support(サードパーティOracle Databaseサポートを使用している10の組織)』という適切なタイトルが付けられた電子書籍は、Spinnaker Supportの、大規模から小規模、グローバルからローカル、エネルギー、製造、高等教育など異なる業界に及ぶお客様の中から選りすぐった事例を特集しています。

当社は、Oracle Database、SAP Sybase/ASE、SAP HANAなど、多くのオンプレミスやクラウドのデータベース管理システム(DBMA)をサポートしています。多くのデプロイはオンプレミスであり、Gartnerによると、世界全体でのDBMS総収益(345億ドル)の75%は引き続きオンプレミスの実装から生まれている、ということを考慮すると理にかなっています。Oracle Databaseのサードパーティサポート

世界で最も人気の高いDBMSであるOracle Databaseは、スタンドアロンのサポートとしても、その他のOracleやSAPのアプリケーションとの併用としても、最もよくお問い合わせいただいているものの1つです。電子書籍をお読みいただき、なぜOracle Databaseのサードパーティサポートが、迅速で包括的かつ手頃な料金のサポートをお探しのどなたにも適したソリューションであるか、その理由をお確かめください。

2019-12-10T09:43:42+00:00

ご連絡ください

当社のクライアントの98%以上がサービスに満足し、受賞歴のある当社のサポートを一貫して高く評価しています。お客様にSpinnaker Supportが適しているかどうか、まず私たちにお問い合わせください。

お問い合わせ
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software