Lexmark、新システムへの移行中におけるSiebelとATGのソフトウェアメンテナンスをSpinnaker Supportに依頼

2019年8月28日 | Larry Goldman | 製品マーケティング担当上級ディレクター

Lexmarkのコールセンターと顧客サービスは、8年以上OracleのSiebel CRMソリューションに依存していました。顧客は同社ウェブサイトのE-コマースセクション経由でプリンターを注文しますが、このE-コマースセクションはOracle ATG Commerce 11.2上で実行されています。SiebelとATGのどちらも、長年の間に大幅にカスタマイズされ、Lexmarkが開発した安定したビジネスプロセスの不可欠な要素になっていました。

しかし、社内や顧客対応の業務のための徹底したビジネスプロセス合理化の達成と、できる限りのコスト削減という使命により、ITリーダーシップは、これらの重要なシステムを交換する時が来たと判断しました。SiebelとATGのOracle Support年間料金はかなり高額なIT予算項目で、Lexmarkがその業務の発展的ニーズを満たせるようにする新しい製品アップデートも存在しませんでした。

その結果、Oracleからメンテナンスとサポートを引き継いで、予定移行期間中の継続的なビジネス遂行を支援できる、SiebelとATGに関して深い専門知識を持つサービスパートナーの特定がLexmarkの課題となりました。そこで登場するのがSpinnaker Supportです。Lexmarkがサードパーティのソフトウェアサポートに切り替えたことからどのような利益を受けたかについて、詳細なケーススタディの全文をお読みください。

2019-08-28T13:24:11+00:00

ご連絡ください

当社のクライアントの98%以上がサービスに満足し、受賞歴のある当社のサポートを一貫して高く評価しています。お客様にSpinnaker Supportが適しているかどうか、まず私たちにお問い合わせください。

お問い合わせ
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software